荒井経HP

竹林図・甲虫譚 1996-2000

竹林図 (227cm×1273cm)1996年

ベンガラを使ったクロスハッチングの技法で東洋絵画の伝統的なモチーフである竹を描いた大作。実在する孟宗竹をほぼ実寸大で描いた。
個展 Gallery in the blue
見えない境界 変貌するアジアの美術(宇都宮美術館)
竹林図(部分)

甲虫譚

桃山時代に描かれた「洛中洛外図」。金雲の間には京の賑わいが描かれる。本作では、金雲の間にベンガラのクロスハッチングを使った技法でカブトムシを擬人化した ままごと(箱庭)の世界を描いた。
個展の他、VOCA2000(上野の森美術館)、見えない境界(宇都宮美術館)、千年の扉(栃木県立美術館)、アート昆虫ワールド(高崎タワー美術館)等に出品。
甲虫譚 1998年
甲虫譚(部分)
甲虫譚(部分)
甲虫譚(部分)
PAGE TOP