荒井経HP

荒井経HP


荒井経ホームページ
荒井経の活動や作品を紹介します。






「草虫図」(部分)2020年

【活動予定】

2020年8月31日(月)~9月10日(木) 日曜休廊
 第11回 三叉景 ー荒井経・及川聡子・園家誠二ー
 ギャラリー和田(東京都中央区銀座1-8-8)

2020年<仮>10月9日(金)~10月15日(木)
 文保日展 ー文化財保存学保存修復日本画研究室展ー
 東京藝術大学陳列館2階(東京都台東区上野公園12-8)

2020年秋 詳細未定
 福島現代美術ビエンナーレ

2021年2月16日(火)~2月28日(日) 
 不失正鵠展 -荒井経・川嶋渉・関出・藤岡雅人・山本俊夫-
 ギャラリーcreate洛(京都市中京区丸太町通堺町鍵屋町69)

『日本画の所在 東アジアの視点から』(勉誠出版)

2018年1月27日・28日に行われた国際シンポジウム「日本画の所在」をもとにした書籍が出版されました。
北澤憲昭・古田亮 編
執筆者:天野一夫、荒井経、板倉聖哲、岡村桂三郎、加藤弘子、北澤憲昭、胡明哲、齋藤典彦、佐藤道信、塩谷純、野地耕一郎、チェルシー・フォックスウェル、古田亮、間島秀徳、三瀬夏之介、峯村敏明

【所収論文】荒井経「東アジアの近現代絵画―各国の現場レポートから」
2004年以来、現地調査を続けてきた韓国画、中国画、台湾における中国画のレポートを通して、"ワンオブゼム"というキーワードとともに1945年以降の日本画への視点を提示。
2020年3月刊 勉誠出版(本体6,500円)
PAGE TOP